福島区在住

福島区在住

【2020年度版調査】中古マンション値上がり率調査発表。大阪府下ランキングで福島区は堂々の第二位の上昇率に。

【2020年度版調査】中古マンション値上がり率調査発表。大阪府下ランキングで福島区は堂々の第二位の上昇率に。

  • 福島区区内全域

マンション情報サイト『住まいサーフィン』を運営するスタイルアクト(株)が、全国の中古マンションの値上がり率を調査したレポートを公開しています。ここでいう値上がり率とは、新築時の価格と中古で売買されている価格を比較したもの。注目したいのは福島区。大阪府下45地域のうち、福島区はなんと第二位の平均19.4%の値上がり率となっています。つまるところ、3,000万円の物件が3,570万円ほどで売買されていることになります(*1)。1位との差はわずか0.4%。

sub9.pngスタイルアクト株式会社調査報告書より(クリックで拡大)

レポートはマンションの分譲年ごとに分かれており、福島区内では2013年に分譲開始された物件が特に高い数値となっています。ただ、これは全国的に2013年が高い傾向にあるようで、物件の良しあしそのものではなさそう。よくみると福島区だけいずれの年のマンションもマイナスが無く、すべてプラス。この地域の注目ぶりがうかがえます。資産目的で所有しているとウハウハな報告かもしれませんが、普通に暮らしているとこの上昇率はやや危険な気も。特に賃貸の家賃価格に影響してこないかが心配です。

他の地域ではお隣の北区・西区も総じて高く、天王寺区も根強い人気。いずれも「あの地区に住みたいな」と思ってもらうことはブランドとして認知されているわけで、福島区ブランドが向上していることに他なりません。ただ、それを上げるも下げるも、住民一人一人の行動だったり、意識が今後の鍵となりそうな気がしています。

他の地域や詳しい情報は、住いのサーフィンでご確認ください。https://www.sumai-surfin.com/price/AreaPriceTouraku2020/

※1 計算方法:(取引マンション価格-新築時のマンション販売価格)÷(新築時のマンション販売価格)
※資料や数値はPRTIMESより引用