大阪市福島区のローカルブログ「福島区在住」

2021年アクセスランキング。福島区のローカルニュースは何が注目された?

2021年も残すところわずか。今年もコロナに振り回された一年でしたが、後半には制限も解消され、外での行動も気兼ねなくできるようになりました。ただ、あまり外食しなくなる、外に出ても直ぐに帰ってくるなど、ここ数年で身についた感染対策行動は続きそうです。

さてそんな鬱蒼とした年でも、福島区内は比較的活発。まずは2021年内にアクセスがあった記事のベスト10を発表します。

第1位「お持ち帰り専門店「みんなのやきとり 福島店」のメニューと食べてみたレポ」

オープンしたのは2019年であるにも関わらず、2021年にもっともアクセスされたのが「みんなのやきとり福島店」さんの記事でした。焼き鳥はもちろん、唐揚げ、弁当もあるのと、立地的に交差点近くにある・KOHYOの近くというのもポイントのようです。

記事はこちら

第2位「福島区なにわ筋「かすてら日季」。層になったカステラは柔らかで優しい味。」

2020年11月1日、なにわ筋沿いにオープンしたのが「かすてら日季」。テレビやメディアなどでも紹介されており、注目度が高かったようです。この近くには後述するちひろ菓子店も出店しており、福島区もスイーツが徐々に広がっていく片鱗を見せています。

記事はこちら

第3位「福島聖天通商店街にパン屋「BAKERY THE MILL OSAKA」が2021年2月にオープン!」

2021月2月19日、福島聖天通商店街にオープンしたのが「THE MILL」さん(BAKERY THE MILL OSAKAはオープン前の名前です)。常に人が入れ代わり立ち代わりで入っており、すっかりと聖天通りの人気店になっています。パンもメチャウマですが、カスタードのクローネなどのお菓子系がほんと美味しい。かと思えばガッツリたまごサンドなど、容赦ない美味しさで虜にさせてくれるお店です。若干、不定休が多いため、インスタグラムでチェックしてから訪問しましょう。

記事はこちら

第4位「コンビニとスーパーのいいとこどり、CoDeli(こデリ)西梅田公園前店がオープン」

2021年2月28日、ほぼ西梅田にオープンしたのがCoDeli。ダイエーの新業態店で、コンビニとスーパーを掛け合わせたようなお店になっています。意外にスーパーがないエリアなので、注目度も高かったかもしれません。またこの西梅田に近い福島5丁目エリア付近も新店がいろいろオープンしており、次の注目スポットになっています。

記事はこちら

第5位「超人気パン屋 パネポルチーニが野田新橋筋商店街に3号店をオープン!」

2021年2月オープン。野田新橋筋商店街内に、福島区の人気ベーカリー「パネポルチーニ ノダシンバシノパンヤ」が誕生しています。本店には無いタルト生地のケーキもあり、かつ行列ができていないため超穴場。

記事はこちら

第6位「オーサムベーカリー福島店が再オープン!今度は福島3丁目に」

2021年1月27日にオープンしたのは「オーサムベーカリー」さん。2020年の閉店を経て、福島3丁目に路面店として再オープンしています。普段遣いできる価格帯で、かつ満足度の高いパンがたくさん。季節限定品もあるので、何度も訪れたくなる街のパン屋さんです。

記事はこちら

第7位「やきにく宵処に焼き肉の自動販売機が?!」

福島公園の南側にある「やきにく宵処(よいしょ)」さんに颯爽と登場したのが、焼肉の自動販売機。2021年はこの冷凍自販機がたけのこの如く設置されており、福島区としてはこちらが先人を切って設置された印象があります。どうもテレビで何度か紹介されたようで、検索流入がかなり大きい記事でした。

記事はこちら

第8位「タンドリーチキンステーキ専門店「UN POULET.(アンプレ )」のステーキボックスを食べてみた。やわらかくてとってもジューシー!」

2021年4月21日、福島1丁目にオープンしたタンドリーチキンステーキ専門店「UN POULET.(アンプレ )」さん。こちらもテレビで紹介されたようで、そのたびにアクセスが急増。オープン当初からはメニューも若干変化しているようなので、また記事にできればと思います。

記事はこちら

第9位「鷺洲の隠れ家的ベーカリー「omara bakery(オマーラベーカリー)」がオープン。こだわりがギュッと詰まった小さなパン屋さん」

2021年8月11日、聖天通商店街のから少し北に外れたところに「omara bakery(オマーラベーカリー)」さんがオープン。営業日が週に1日か2日しかなく、なかなかタイミングがあいませんが、ぜひインスタグラムで営業日をチェックして訪問してほしいベーカリー。

記事はこちら

第10位「2021年福島区の夏祭り・イベントはどうなる?」

10位はローカルブログらしい記事がランクイン。2021年もさまざまなお祭りが中止に追い込まれました。イベントが開催されたのは野田新橋筋商店くらいですかね。中止の掲示や告知もしないイベントも多々あり、情報収集には苦労しました。もっとSNSとか使って発信してちょうだい…。

記事はこちら

じつは福島区はパン天国だった……? 食パンのお店も次々とオープンしており、Meetsで特集が組めそうなほどです。また、ショーケースタイプの販売方式になっているところが殆どで、このコロナ禍のニーズにマッチしたのも要因かもしれません。次はランクインはしなかったものの、個人的に厳選した記事です。

ピックアップ1:「ちひろ菓子店が新ブランド「ちひろ菓子店焙煎所」をオープン。バターとアーモンドが香る極上フィナンシェ」

2021年8月10日に福島区福島2丁目にオープンしたちひろ菓子店焙煎所さんは、西区で有名なちひろ菓子店さんのネクストブランド店。さまざなメディアで紹介されており、行列が絶えないお店です。お持たせなどにもピッタリ。ただちょっとお高め。

記事はこちら

ピックアップ2:「神戸元町餃子の無人販売所があみだ池筋に登場」

無言で現れた謎の無人販売所。勇気を出して買ってみたところ、これがめちゃくちゃ美味い。冷凍なので年末年始用に買っておくと良いかも。

記事はこちら

ピックアップ3:「鷺洲1丁目に食品中心のバルクショップ(量り売り店)「fu tai」がオープン。ナッツやスパイス、ハーブを好きな分だけ。」

2021年6月25日、関西スーパー福島店の前の2階にオープンしたのが、バルクショップ「fu tai」さん。環境問題や昨今話題になっているお店の過剰パッケージなどに興味を持ち、このお店を開くことになったそうです。お店のオープンは不定期なのでなかなかタイミングがあいませんが、Twitterで確認して訪問しましょう。もちろん容器を持参して。

記事はこちら


個人的に仕事が忙しかった年ということもあり、記事にできていないお店やイベントなどがたくさんあります。2022年はなんとか時間を作って、グルメだけではなく、魅力的な福島区の顔をご紹介できればと思います。それではまた来年。

次へ

前へ